Parasol Gallery

パラソルギャラリーとは

魅力ある景観形成と賑わいの創出による

​市街地活性化を目指して

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom

毎年、10月第一土・日曜日に開催される大規模な屋外イベントである

「パラソルギャラリー」は千葉駅前大通りから千葉中央公園にかけて

100本を超える白いパラソルを沿道に並べ

クリエイターである出展者にアートギャラリーとして利用してもらうことで、

普段の街路とは違うお洒落な空間をつくり、千葉市の街中を彩ってきました。

2015年度の来場者数は約14,000人にものぼり、公共空間の効果的な活用が実現できています。

 

 

前身となる「都市景観市民フェスタ」が2000年にスタートして以降、

パラソルギャラリーは形式を変えつつ継続して開催され、その活動は約20年に渡ります。

2010 年度までは市民は出展者として関わってきましたが、2011 年度から千葉市がサポート役となり、

主体は市民と大学になりました。実行委員長、副実行委員長を市民から選出し、

各部署に市民・学生が所属する体制をとっており、準備段階から市民の意見が多面的に反映されています。

 

 

これまで私たちがこのイベントを通して目指してきたものは、 

賑わいの創出と魅力ある景観形成 を通して市街地を活性化させることです。

私たちはそれを 「市民参加」・「パラソルを用いた演出」・「アートイベント」・「手作りの作品」・「様々な企画」など

様々な手法を通して実現を目指してきました。 この想いは当初からずっと変わっていません。

開催も20年の節目を迎えつつありますが、今後も持続的に活動を発展させ、

より私たちの活動が皆様に還元されるものになるよう、努力を続けていきます。